健康保険で受診するには

保険適応疾患

鍼灸治療(はり・きゅう)の効果は多様で、体調改善に幅広く活用できる療法ですが、現在保険請求が認められるのは、慢性的な疼痛(いたみ)に対する治療のみです。

保険証を使って受診できるのは以下の6疾患(またはその他の疾患)とされています。

1 神経症
2 リウマチ
3 頚腕症候群
4 五十肩
5 腰痛症
6 頚椎捻挫後後遺症
その他 (原因不明の慢性的な痛みの治療)

医師に同意書をもらう

同意書をもらうには医師の診断を受けて下さい。上記の疾患・症状の治療中であり、医師が鍼灸(はり・きゅう)治療に同意することを証明する「同意書」を発行してもらってください。同意書を書いていただくと料金がかかりますので予めご了承ください。1回の同意書の有効期間は3か月です。3か月以降も治療を継続する場合は、再度同意書が必要になります。

【注意事項】

健康保険を使って鍼灸治療を行う場合は、治療希望の疾患を鍼灸で受診できる代わりに同じ病名で他の医療機関での治療は受けられません。(医療機関との保険の二重請求は出来ません)但し、他の病気や疾患で医療機関を受診することは可能です。

同意書は印刷できます↓

保険での料金

取得した「同意書」を当院に提出していただくと、健康保険で受診することができます。保険請求には患者様のサインとご印鑑がレセプトに必要になりますので月の初めにご持参ください。 以下に健康保険での鍼灸治療料金の目安挙げます。 (自己負担2割の方は規定額の2割分が料金です)

項目 規定額 自己負担1割 自己負担3割
はり・きゅう 1500円 150円 450円
はり又はきゅう 1230円 130円 370円
はり・きゅう電気併用 1540円 160円 470円
初診料 上記値段にプラスします 170円 500円